REACH分析で顧客満足度を向上!高品質な製品を提供

健康を守るために

REACH分析を行なうことで、企業と利用者の両方を守ることが出来ます。利用者も製品を利用する際はしっかりと成分表を確認するように意識するといいでしょう。

REACH分析で分かる高懸念物質

ジクロロコバルト

ジクロロコバルトはコバルト過剰病を引き起こしてしまう可能性のある高懸念物質になっています。現代において少ない高懸念物質ではありますが、長期に渡りジクロロコバルトが含まれた製品を使い続けることによって発症してしまう可能性もあるのです。

アントラセン

アントラセンが皮膚や粘膜に付着するとただれてしまったり、かぶれたりするケースがあります。慢性的に摂取してしまうと頭痛や腹痛を起こしうる高懸念物質となっています。

フタル酸ジブチル

生殖能や妊娠中の胎児に悪影響を与えるフタル酸ジブチルは可逆剤として使用されることがあります。可逆剤はプラスチック製品に使用されることが多いので身近に潜む高懸念物質の一種と言えるでしょう。

ムスクキシレン

香料成分の一種になっているムスクキシレンは、発がん物質が疑われている高懸念物質です。長期的に使用することによって発症してしまう可能性があるので、注意が必要な成分と言えるでしょう。

REACH分析で顧客満足度を向上!高品質な製品を提供

ウーマン

製品の質を確認

自社が提供している製品をより大勢の方々に使ってもらいたいと思っている場合、安全性や品質を証明する必要があります。REACH分析を利用して多くの方々にアピールしましょう。

安全性をアピール

REACH分析で化学物質が含まれていないことを証明することが出来れば、顧客に安心感を与えることが出来るでしょう。安全な製品を提供している企業というイメージを持たれることによって顧客満足度の獲得にも繋がります。

広告募集中