土壌汚染調査業者が行なう特殊業務を徹底解明!

調査することのメリット

調査には費用が掛かりますが、被害が起きた時に被る負担の方が遥かに大きいと言えます。土地もきちんとメンテナンスを行なう必要があるのです。

調査を行なわなかった場合のリスク

土地の価値が低下

土壌調査を行なわなかった場合のリスクはいくつかあります。その中でも土地の価値が低下してしまうという部分は多くの方が懸念している部分となっています。

環境汚染の拡大

もし土地に汚染物質が含まれていたら、雨水などを通して汚染が広がってしまう可能性が出てきます。調査を行なわなかった場合にはこうしたリスクもあるのです。

対策費用が増加

調査をせずに土地を放っておくと、いざ対策を行なおうとしたときに莫大な費用が掛かってしまう可能性があります。定期的な調査で費用を抑えることが出来ますよ。

周辺住民への危険

山や傾斜のある土地では大雨で土砂崩れを起こす危険性があります。地盤の強度を調査しておかなければ、周辺住民を危険に晒すことになってしまいます。

利用制限が掛かる

土地の調査をしていない場合、土地の利用制限が掛かってしまうこともあります。所有地にも関わらず制限が掛かってしまうのは勿体ないですね。

土壌汚染調査業者が行なう特殊業務を徹底解明!

工事現場

調査業務

国内には様々な調査業務があります。その中でも一般的に知られている土壌汚染調査では、調査対象となる土地の汚染箇所だけでなく、範囲まで調べることが出来る優れた調査業務となっているのです。

その他の業務

調査業者が行なっている業務には、地盤の緩みや地震の影響で起こる地盤沈下を確認するために行なう平板載荷試験なども行なっています。平板載荷試験は建築予定地に行なわれることも多く、その土地に建てられる建物の大きさを調べることが出来ます。

地面下の調査

地上から地下にかけて穴を掘り、岩盤の有無や地価の状態を確認する調査としてボーリング調査が行なわれています。土壌汚染調査以外にも様々な調査を専門業者では行なっているのです。

広告募集中