狭い場所でもしっかり調査!土壌汚染調査の調査機械

個人から法人まで

土壌汚染調査は個人から法人まで、様々な方が調査依頼を行なっています。また、実績の高い専門業者であれば国や市町村から仕事の依頼がくることもあります。

土壌汚染調査が必要になる場面ランキング

no.1

土地の売却

土地の売却を行なう際には、土地を少しでも高く売るために価値を上げる必要があります。土壌汚染調査で汚染がないことを証明しておくことで、土地の価値を高めることが出来るので、調査は必然的に必要となるのです。

no.2

土地の購入

土地の売却に次いで、購入する土地の安全性を確認するために土壌汚染調査が必要になります。調査費用が購入者側なのか販売者側なのかは、事前に決めておくとトラブル回避に繋がるでしょう。

no.3

建設予定時

建物を建設する前にも土壌汚染調査は必要です。本来、建設予定前に調査されているのですが、前回調査から月日が経っている場合には再調査が必要になる可能性もありますよ。

no.4

土地の価値判断

自分が保有している土地の確認のために、土壌汚染調査を行なう地主も多いです。汚染調査以外にも岩盤調査も行なうことが出来るため、併用していくつかの調査を行なうことが多いです。

no.5

融資目的

土地を担保にして融資を受けようと考える方も、土壌汚染調査を行ないます。土地の価値が上がれば融資額も多くなるので調査を行なうのです。土地を担保にする方が少ないため、ランキングでは5位となっています。

狭い場所でもしっかり調査!土壌汚染調査の調査機械

作業員

土地の汚染度をチェック

土地の汚染度を確認するために、土壌汚染調査を専門的に行なう業者では様々な機器を用意しています。機器を豊富に用意しておくことで、どんな場所でも臨機応変に対応できるのです。

機器を豊富に扱うことのメリット

どのような場所でも臨機応変に対応できるということは、予算を浮かせることに繋がります。高さや道幅に制限があると、道の拡張や取り壊しなどを行なう必要があり費用がかさんでしまうのです。

特殊な場所に強い

山道などの機械が搬入しづらい場所だと、土壌汚染調査を断られてしまう可能性があります。しかし、コンパクトサイズの調査機器を持っている業者であれば、特殊な場所でも調査が出来る可能性が上がるのです。

採取方法も豊富

調査機器が多いとサンプルの採取方法も増えてきます。分析をするうえで採取は肝心な部分になっており、間接的に調査結果の質にも関係してくるのです。

広告募集中